ビジョン:

多様な価値観を認め合いながら、ひとりひとりの意志ある行動で溢れる社会の実現

社会的背景:

 時代の変化が激しい現代社会において、今後さらにひとりひとりの主体性が求められます。

これまでの高度経済成長期においては、大量生産・大量消費、画一的な価値観が尊重されることで、さまざまなことが効率化され、物質的な豊かさを手にすることができました。しかし、これからは、グローバル化、少子高齢化、価値観の多様化などがさらに進んでいくことが予想されるため、従来の画一的な価値観にとらわれず、私たち自身も柔軟にそして迅速に変化し続けていくことが求められてきます。 このような状況を受け、学校教育においても、主体性を含む「新学校指導要領・生きる力」の指導が全面実施されています。しかし、教育現場の負担は大きく生徒ひとりひとりに向き合う時間の確保が難しい現状が報告されています。実際に、 8割の教員が5年前より負担増を訴えており、9割の教員が教員数が少ないと感じています。これらの状況を受け、学内で難しいことは、せめて放課後の時間、学外の時間で体験することができれば・・・と思い、D-noteのプログラムが開発されました。

コンセプト:

ダンスで変える。じぶんと社会。

CSV、社会起業、などの言葉が雑誌の表紙を飾り、本屋のコーナーもできるようになりました。これまでの多くの起業家の先輩方もそうであったように、本業を通して社会を、世界を良くしていくことは当たり前の時代だと感じています。これまで特に言語化されにくかったダンスという領域において、私たちD-noteは風穴をあけ、より多くの人たちにとって、その人それぞれの課題に寄り添ったダンスの形を提案していきます。ダンスを通して、より多くの意志ある行動を生み出すことで、多様な社会の中でもひとりひとりが輝ける、そんな社会を目指していきます。

実践と理論の両面から。

D-noteでは、現在も第一線で活躍する多くのダンサーたちのネットワークはもちろん、社会起業家のネットワークなど、多様な人たちとのつながりの中で、運営させて頂いております。これまでのダンス産業をつくってこられた多くの先輩方や、より良い社会・よりよい世界を目指すたくさんの先輩方から常に多くを学ばせて頂きながら、D-noteの強みである「ダンス」というツールを様々な形へ編集し、より多くの人へ届けることで、目指す社会の実現へつなげていきます。